読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  「いいですか、今から重要な事を言うので良く聴いて下さいね。
  あのですね、ゲームのやり方というのは、死んで覚えるものなんですよ」
  ――幻想再帰のアリュージョニスト   

深淵を覗く者は、また誰かにその姿を覗かれている

ニコ動ユーザーの麻生内閣支持率は33%


このニコニコ動画ユーザーに対するアンケートでは、麻生政権がニコニコのアクティブなユーザーにどれくらい支持されているかがわかる。それと同時に、ニコニコのアクティブなユーザーが(一般と比較して)どのような意見を持っているかがわかる。


そこには「ニコニコユーザーから麻生政権への視線」と「記事の読者からニコニコユーザーへの視線」がある。

相棒 - 伊藤計劃:第弐位相


このエントリーにもいくつかの視線が登場する。

  • 制作者による国民への視線
  • mixiユーザーによる制作者またはテレ朝への視線
  • 伊藤さんによる制作者への視線
  • 伊藤さんによるmixiユーザーへの視線

そして、こうして言及することでここにこのダイアリーからの視線も存在することになる。


なぜだか、そのような複数の視線の存在を意識することが意味や考察抜きに単純に楽しい。
その楽しみを初めに自覚したのはApemanさんによる「さんまのスーパーからくりTV」の投稿ビデオコーナーを題材にした下記のエントリーだった。


これがウォチャーだ!